改善内容が分かる

| コメント(0) | トラックバック(0)
改善内容が分かる
負けたトレードを見直し、いろいろな角度から分析すると、何らかの問題点が見えてきます。問題点を改善して上達を目指すのですが、記録をもとにした改善内容には根拠があるので、その効果は絶大です。
記録する内容
ここまでの話で記録することの重要性がお分かりになったと思いますので、次は記録する内容を、どんな項目の記録を取るべきかについて説明いたします。

トレード情報について、日付・曜日・時間、トレードした通貨ペア・レート・買い&売りなどです。その他に、取引した理由・トレンドに乗ったものか逆らったものか・いくらのレートで決済したかです。

さらに、トレード後の内容も重要です。取引での利益、損失決済した理由・感想・反省点などです。基本的なものはこれくらいです、もし他に記録したい項目があったら追加してもいいですが、記録はシンプルな方が後で見た時に分かりやすいと思います。

選手とコーチを演じる
あなたは選手でありコーチでもあります、自分で分析をして自分にアドバイスをする、まさにコーチの仕事です。トレーダーは1選手だけではなくコーチにもならないといけません、全てのことを1人でこなさなければいけないのがFXなのです。
FXの取引き手法はオリジナルがベスト
本やネットや他人から聞いたFXの手法を鵜呑みにして、そのまま利用するのは間違っています、自分が使う手法のお手本に程度にするのならいいのですが、人のトレード手法をそのままコピーしても勝率を上げられないと考えます。
本当はまだまだ書きたいことがあるのですが、今日はこの辺までとして次回にしたいと思います。
取引方法についての記事はいろいろなサイトで紹介されていますが、もっと掘り下げてみたいと考えている方には「初心者に適した通貨と通貨ペア」というサイトはオススメです。

やってみないと分からない

| コメント(0) | トラックバック(0)
ちなみに、どの方法が自分に合っているのかどうかは、やってみてはじめて分かるものです。いろいろな方法を試してみて、肌で感じながら、自分に合ったものを見つけてみましょう。調べて試しての繰り返しなので、予想以上に時間が掛かってしまうこともあるかもしれませんが、とても大事な作業なので焦らずに頑張りましょう。

その時に、変な思い込みがあると良くないので、頭の中を一度リセットして真っ白な状態で考えた方が良いでしょう、疲れと気晴らしの繰り返しになるかもしれません。

取引上達の為にトレードを記録しましょう
上達をするためには現状を正しく理解しなければなりません。自分の得手・不得手、何が良くて何が悪いのかを理解しないと、改善することも長所を伸ばすこともできません。
自分の長所や短所を知るための最良の方法は、
自分のトレードをこまめに記録することです。
これは最も重要なことですが、実は難しいことなのです。
ほとんどの人は、取引の記録を行わず、自分の感覚だけを頼りに上達しようとしますが、なんとなく的な方法で上達できるのは運や才能に恵まれている人だけです。
記録を取る最大の利点 自分の取引が分かる
取引を記録することの最大の利点は、過去から現在までの取引を一つ一つ目で見て確認出来ることです。今までの取引を確認することによって、相性の良い通貨ペアや時間帯といった取引条件、相性の悪い取引条件を具体的に把握することが出来ます。

つまり、記録という取引データがあれば、分析することで自分の取引の良し悪しを知ることができ、今まで気が付かなかったことを発見出来たりするわけです。

選ぶための基準は、自分です

| コメント(0) | トラックバック(0)
取引の方法は山ほどあり、その中から選ぶのは確かに簡単ではなく、どの方法を使えばいいのか悩むと思います。どの方法を選ぶのかは非常に重要なのですが、なんとなく選んでそれをやり続けている人がとても多いです
選ぶための基準は、自分です
取引方法やその他なにかを選ぶ時は、「どれが良いのか」ではなく「どれが自分に適しているのか」で選ばなければなりません。当然ながら、人には得意・不得意、そして合う・合わないがあります。
取引に関することも同じで、自分に合うもの・合わないものがあるので、「自分を基準に」考えないと意味がありません
得意・不得意
上述のとおり、ものごとには自分に合うもの合わないものがあるので、取引方法にも得意・不得意なものが必ずあります。それはあなただけでなく、一般人のトレーダーからプロの投資家にあてはまることなのです。
デイトレードはすごく上手なのに、ロングトレードだと勝てないとか、ファンダメンタルズ分析では値動きを的中させるのに、テクニカル分析では全然予測が当たらない、といったことは必ずあります。

ある方法がもし自分の不得意なもので、合わないものだったら、悪い結果になるのは当然ですよね。